食品・農産物・海産物

食品・農産物・海産物

すべてがサイクルする持続可能ブランド「栗原市」。
その構築に向けて、ここまで作り上げてきました

株式会社ダイチの「漢方牛」は、14種類の漢方草を食べて育ちます。その食肉は当然フルオーガニックで、比類なきおいしさです。
しかしそれでけではなく、実はこの牛の糞で作られた堆肥が、栗原の農業を元気にしていくサイクルになっているのです。

食にこだわり、情熱と愛情で生み出す。
安心・信頼の品質を、心をこめて食卓へお届けします。

会社名 株式会社 ダイチ
本社所在地 宮城県栗原市築館照越永平1-1
代表者 佐藤 勝郎
TEL / FAX 0228-22-3110 / 0228-22-3301
URL http://www.sekimura-farm.jp
漢方和牛の安全性に関して
相談する

福島原発の影響で、宮城県の農産物も出荷停止になっていくプロセスに入っている

小山牧場は、自家で栽培した牧草を牛のえさとして与えながら、すべてに目の届く牛乳の生産や加工食品の製造を行ってきた会社です。しかし、福島原発から流れてくるセシウム137の影響で、現在栽培している牧草を餌として使用することは禁止されました。
私たちが手塩にかけて作り上げてきたサイクルとシステムが、一瞬にして破壊されようとしています。

酪農家の手作りアイスクリーム

会社名 有限会社 小山牧場
本社所在地 宮城県栗原市一迫字沢田64
代表者 小山 清一
TEL / FAX 0228-54-2474
URL http://www9.ocn.ne.jp/~aisumura/
相談する

商店も加工場も一瞬にして流されました。
移動販売車で地域の人たちを巡回するところから新たにスタートします。

マルセン食品は昨年、販売店舗、加工場を設備投資してリニューアルし、さあこれから!と云う時に被災、すべての設備を失いました。
そんな状況下にありながら、南三陸「復興市」の役員も務める三浦さん。移動販売車を購入して、巡回販売から商売を再スタートする決意をされました。

食にこだわり、情熱と愛情で生み出す。
安心・信頼の品質を、心をこめて食卓へお届けします。

「がんばっぺ 南三陸」のユニホームをきて
巡回に向かう、女性に希望を感じるマルセン号出発!

ようやくガレキ撤去が進み始めた南三陸市内を、
マルセン号が行く!

志津川小学校の校庭に設けられた仮設住宅で、まごころこもった販売活動。
設置間もない仮設住宅では、まだ住民間のコミュニケーションは、少ない。
昼間は、仮設住民も若い人は瓦礫撤去作業の仕事(雇用創出)に出ているため比較的年寄りばかりの印象がある。
少しづつ、マルセン号が、人と人の間をつないでいく。

会社名 株式会社マルセン食品
本社所在地 宮城県本吉郡南三陸町志津川字本浜町128
代表者 三浦 洋昭
TEL / FAX 0226-46-2420 / 0226-46-4161
※現在不通のため、お問い合わせはフォームからお願い致します。
URL  
相談する

栗原の野菜、果物を使った、地元ブランド構築。
地域一番店のパン販売を原点に。
セシウム汚染が忍び寄る、栗原の農業環境。いまこそスクラムを組もう!

地元産の大豆を使ったズンダを取り入れたパンは、いつも売り切れの大人気商品。
親しみやすく、口にやさしい自然な甘さは、栗原の大地の恵みそのものの味です。
それにヒントを得て、洗練されたデザインを心がけ、ゼリーや洋菓子で地元ブランドを発信し続ける元気印の会社です。

ずんだスイーツを始めとした畑のスイーツ専門店


会社名 有限会社 パレット
本社所在地 宮城県栗原市築館伊豆 4-7-15
代表者 高橋 寛
TEL / FAX 0228-22-8010 / 0228-23-6097
URL http://www.palette-b.com
相談する

石巻は、都市計画策定まで、街が作れない。

店がないところには、人も住めない。
街が縮小していく現実を直視して、新しいビジネスと、新しい街の姿を模索する毎日。前途多難である。

私たちは「食のかけはし」「笑顔のかけはし」になります。

会社名 有限会社 テイスティ伊藤
本社所在地 宮城県東松島市赤井字舘前220-1
代表者 伊藤 浩之
TEL / FAX 0225(84)1630 / 0225(83)2821
URL http://www.teisuthi.co.jp
相談する

「鋼/はがねの魂」釜石の被災企業とのコラボレーションで、
再びフル操業体制を確立した吉田社長。

街の復興は、まず雇用の確保・創出からである!と語る。
被災直後の惨状から、起死回生の操業回復、そして街の将来像まで熱く語っていただきました。

まごころをお客様へ。

会社名 株式会社 カネキ吉田商店
本社所在地 宮城県本吉郡南三陸町志津川字大森町54
代表者 吉田 信吾
TEL / FAX 0226(46)3747 / 0226(46)5895
URL http://www.kaneki-yoshida.co.jp
相談する
このページの先頭へ